一緒に歌いませんか?PCメールフォームからご連絡ください♪

練習予定         aya*Musica(練習用midiあり)

 3月10日(土) パート練習 A+S
 3月11日(日) 松尾先生練習
 3月17日(土) パート練習 S+A
 3月24日(土) パート練習 B+T
 3月31日(土) パート練習 T+B

練習会場:神戸市医師会館3階 18:15~21:00 

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/17・24松尾先生練習報告
2012/06/27(水)
・各パートへの細かい注意事項は殆どが以前の松尾先生の練習で指摘して来られていることなので記載は省きます。
・ここまで来ると、後はどれだけ音楽的に表現をしていくのかという練習が続き、それはとても文章で報告できるものではなく、実際に練習の場においての松尾先生との触れ合いの中からしか得られないものですので、記載は省きます。



・全体の仕上げ練習の流れの中での再確認注意事項の主だった所は次の通りでした。

Bach Missa in G (BWV236)

・全体を通して、分かりやすい指揮をしているので、なるべく顔を上げて指揮者を見て歌って下さい。

Kyrie
・一生懸命に歌うのはよいが、隅から隅まで平板にならないように変化をつけて歌うこと。それをしないと、聞いている方がとてもしんどくなる。
・ベースの歌い始めの部分は(テナーが出て来るまで)必ず暗譜して顔を上げて指揮者を見て歌うこと(スタート前から指揮者を見るということ)。
・Kyrieは大きな声で歌う必要はないので、各パートが存在感のある歌い方をすること。
・歌えて来ているだけに音色の汚さが目立つので、発声に気をつけて、安らかな声で、きれいな響きになるように意識して歌うこと。
・それぞれのパートがテーマを歌い出す時には他のパートは控え目にすることが自然に出来てくるとよい演奏になる。
・作為が見えないように表情をつけて歌うこと。作為が見え過ぎると嫌味になる。

Gloria
・女声コーラスは明るく揺れ動くように。
・全員合唱は十六分音符の粒を立てて歌うこと。


Haydn Missa in tempore belli in C

Kyrie
・riのリズムに気をつけ、leiの母音の発音が汚くならないようにする。

Gloria
・miserereのseを「ゼ」と聞こえるように歌うこと。

Credo
・「ポンポンポンポンポンポンポンポン」というエイトビートの裏拍を意識しながら八分音符は流さずに内在的なリズム感を持ちながら歌うこと。

Agnus Dei
・深い響きを出しながら切々と語って歌うこと。
・miserereのseを「ゼ」と聞こえるように歌うこと。

総まとめとして:
・ハイドンはオーケストラが入れば、先ず問題なくいけると思う。
・バッハは、難しかったけれど、何年か少しずつ取り組んで来て、やっと「見えて来たかな」という感じがする。ただ、歌っていけば何とかなる、とはいかないので、余程、注意深く歌わないといけない。それは、頑張って歌っていくのとは違い、バランスやリズムの見せ方など全て、歌い方によってそれを見せて行くので、各パートがきっちりと歌って行って欲しい。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kdchorus.blog108.fc2.com/tb.php/125-93d25100
カウンター

since Mar.28, 2002

土曜会から皆様へ
カテゴリー

サイト内記事検索

最新コメント
リンク

メールフォーム

演奏会、入団などのお問合せはこちらからお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スパム対策の為、数字認証を行っています。

QRコード

携帯サイトは↓のコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

過去の記事

12  03  01  12  10  09  07  06  03  12  11  08  06  04  11  10  07  06  05  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  02  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。