一緒に歌いませんか?PCメールフォームからご連絡ください♪

練習予定         aya*Musica(練習用midiあり)

 3月10日(土) パート練習 A+S
 3月11日(日) 松尾先生練習
 3月17日(土) パート練習 S+A
 3月24日(土) パート練習 B+T
 3月31日(土) パート練習 T+B

練習会場:神戸市医師会館3階 18:15~21:00 

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/8 松尾先生 祝日練習
2012/10/18(木)
そろそろ練習も終盤です。
13日には案内状、招待状等の発送を行いました。


Bach Messe in h-Moll (BWV232)

Sanctus

ソプラノ1、ソプラノ2、アルト1(他のパートも同じ旋律の所は同じ注意事項)

  • p.192の1~2小節、また2~3小節への三連音はcresc.してドラマチックに表情をつける。
  • 4小節の終わり、5小節の終わりのように、上がっていく所は自然と押し上げて膨らんでいくように。ここをちゃんと自然に歌えるようにならないと、感動が伝わって来ない。
ベース
  • p.192の1、2、3小節に出て来るSanctusは、ずり上げずに「s」は拍の外にして拍の頭では「アーンクトゥス」と歌って欲しい。「サー」で抜いてしまわず、押して歌うように。しんどいと思うけれど、楽をしないように。舞台の上の人たちが苦労しているのが伝わっていかないと客は感動してくれないものである。過酷なことをしないと感動には繋がらない。それを感じて観客が共感するように作曲してあるので、そのように歌うこと。
全員
  • p.192の6小節目にあるSabaothは最後の四分音符を目一杯伸ばして歌うこと。
  • p.194の17小節からはベース以外は控え目に歌う。
  • p.196の30小節以降のsanctusの歌い方は、四分音符からタイにかけてはcresc.して膨らませる。そしてタイの後は切って良いので(息をするかしないかは自由だが)、その後のリズムが明瞭に出るように歌う。

ベース

  • p.196の32小節最後のctusの音は捨てて良いので、次のページの33小節始めの高い音を集中して出すように。

ソプラノ1

  • p.197の33~34小節の上がっていく所は一段階ずつ表情をつけて歌う。

全員
  • p.197の35小節からはベース以外は控え目に歌う。


※Pleni sunt coeli

全員
  • Pleni sunt coeliはなめらかに歌う。「タンタンタンタンタンタン」でなくて、「ターラッタ・ターラ・タタタ」となるように柔らかく、またなめらかに歌わないとフレーズの締めくくりである2拍子の感じである「タンタタ・ターンタ・ターンタ・ターン」が目立って来ない。
  • 十六分音符で動くgloria ejusの部分はもっとなめらかに歌う。
  • ria ejusの部分は切り過ぎないで、程良いアクセントをつけて歌う。
ベース
  • p.202の78小節は「pleni」「sunt coeli」「et terra」と分けて歌う。「タタタタ・タータ」「タッタータ」「タ・タタタタタタタータ」というように。
  • p.207の137小節、139小節、141小節、143小節のタイの前の四分音符はcresc.して膨らませて、タイの後を切って、次の音を明瞭に歌う。四分音符は控え目に出ると膨らませやすい。
  • p.208の148小節は音はおかしくてもいいから、146と147小節はcresc.して上がって、しっかりと歌うこと。高所恐怖症にならないように。そしてcresc.の所は音を明るく歌う。


Osanna
  • 「O」が長過ぎないように。sanにアクセントをつける。
  • 「Osanna」の「n」に早く入り過ぎないように気をつける。
  • 「ザンナ」でなくて「アーンナ」という感じにする。「ザンナ」とするとスタッカートのように聞こえてしまうので「ザアンナ」になるように歌う。
  • 「O」と「sanna」の間は少し切る。
  • また「O」の発音が甘くならないように、そして歯切れよくなるように、口を尖らせた「オ」にする。
  • p.212の14小節以降も全て「O」と「sanna」との間は切るように。


2コーラスのベース
  • p.220の64、66、68、70小節の「san」をしっかりと歌うこと。

Dona nobis pacem

  • p.243の46小節は8拍あって、更にフェルマータなので長い。45小節の後で、分からないように息を入れて下さい。

全員
、印を入れておいて欲しい箇所(しっかり歌うテーマの部分)
  • 各パート最初の出だしのDona nobisという部分。
  • 以後、この形でまた出て来る所全て(例えば、p.238の8小節のベース、9小節のテナー、10小節のアルトとソプラノ、etc.)
  • p.238は13小節テナーのdona、p.239の14小節アルトのdona、15小節ソプラノのdona、16小節テナーのdona、17小節アルトのdona
  • p.240は25小節アルトとテナーのdona
  • p.241は26小節ソプラノのdona、28小節ベースのdona、29小節テナーのdona、30小節アルトとソプラノのdona
  • p.242は33小節アルトのdona、35小節ソプラノとベースのdona
  • p.243は41小節アルトのdona、42小節テナーのdona

※以上の印をつけた所はしっかりと歌うこと。テーマでない所を歌うその他のパートは、表情をつけながらちょっと控え目に歌うこと。他のパート(例えば、p.237の6小節ベースなど)は揺れながら、気持ち良く、心地良く、旋律を歌うこと。こういう所は機械的にならないように。
  • 曲全体をlegatoで歌うこと。

ベース

  • p.237の1小節のDonaとスタートする時は明るく歌うように。


Carnevali Missa “Rosa Mystica”

Kyrie
<p.2>
  • 上段3小節目、出だしのKyrieのKyにアクセントがつかないように。
  • Ky ri e と口を動かさずに歌う。口の中に唾を溜めたまま歌うような気持ちで・・・。
  • 下段1小節目のleは長い目に、急がずに歌う。

<p.3>
  • 上段3小節目のleは早い目に降り始め、ゆるやかに降り、leに入ったら小さくしていく。

<p.4>
  • 中段2小節目のleは長い目に、急がずに歌う。

Gloria
<p.5>
  • 中段3小節目は、Et in terra と分けずに、Eを心もち長くして、「E」「tin」とリエゾンして歌う。またEを強くしない。
  • 下段2小節目のベースは発音よりも声の響きを大切にすること。Lauは口をもっと開けて歌う。そして次のBenedicimus teはエコーのように歌う。
  • 下段3小節目のテナーはBenedicimus teを色っぽく歌う。
  • 下段4小節目のアルトはAdoramus teを優しく、色っぽく歌う。

<p.9>
  • 下段2小節目のChriのiの発音をきれいに。

<p.10>
  • 上段2~3小節目のin gloriaはなめらかに、legatoで歌う。

Credo

<p.13>
  • 全頁、もっともっとlegatoでなめらかに歌う。

<p.15>
  • 上段3小節目からは4/4拍子で。

Sanctus
<p.20>
  • 下段1小節目のSanctusは発音を柔らかくして全員揃えて。

Benedictus
<p.22>
  • 中段2小節目の終わりからは4/4拍子。

Agnus Dei

<p.23>
  • 中段2小節目のmiserereは心の中で歌詞を言って、口はあまり動かさないで暗く歌う。

<P.24>
  • 中段4小節目のdonaの音が低くならないように揃えて歌う。「do」は、はっきり言わずに小さく出て膨らます。
  • 下段5~6小節目は早く消えて行くように。
------------------
※以上でだいたい仕上がったと思う。あとは当日の雰囲気で多少、変えることがあるかもしれないので心しておいて下さい。

この記事へのコメント
10.      2012/10/19 23:14 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kdchorus.blog108.fc2.com/tb.php/132-97b6b831
カウンター

since Mar.28, 2002

土曜会から皆様へ
カテゴリー

サイト内記事検索

最新コメント
リンク

メールフォーム

演奏会、入団などのお問合せはこちらからお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スパム対策の為、数字認証を行っています。

QRコード

携帯サイトは↓のコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

過去の記事

12  03  01  12  10  09  07  06  03  12  11  08  06  04  11  10  07  06  05  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  02  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。