一緒に歌いませんか?PCメールフォームからご連絡ください♪

練習予定         aya*Musica(練習用midiあり)

10月20日(土) パート練習 B
10月21日(日) 松尾先生練習
10月27日(土) パート練習 T 松尾先生練習
11月 3日(土) パート練習 A
11月10日(土) パート練習 S

練習会場:神戸市医師会館3階 18:15~21:00 

5/29 日曜練習報告
2011/06/01(水)
合宿に続いての週の日曜練習でした。

「この曲は最初がとても難しい」ということで、KyrieとGloria最初をみっちり練習しました。

台風が近づいていたのと、テナーのお疲れが目立ってきたということで、いつもよりは早く終わりました。

Kyrie
Kyrie全体の音楽の作り、場面が見えていない。
ロッシーニはイタリア人、表現豊か、才能の塊。
初めいい加減でなく、最初から本気で歌いましょう。

fに入る前の持続感(クレシェンド)
言葉で歌わず、旋律に言葉を乗せる。メロディックに。必ず何か様子して歌う。
声をこもらせない。(ベース14小節)
シンコペーションは前向きなリズム。

Christe eleison ビブラートなし、グレゴリオ聖歌のような歌い方。
Christeの-steを勝手に捨てない。
Christe eleisonひと息に聞こえるように。
初めと終わりの俗っぽいKyrie eleisonに挟まれた部分、古い時代の信仰を歌う曲調の違いをくっきりとつける。
これができないとこの曲をやる意味がない。
43小節のベースはソプラノの前触れ。
46小節のアルトは男声2重唱(分厚く)の前触れ、48小節の男声は女声(清楚、pで出る)の前触れ。
48小節の下三声、和音が聞こえるまで十分伸ばす。
52小節からどんどん歌う。54小節でいったん終わり。Piu lento、死ぬほどゆっくり歌う。

前半がここまでで1時間16分でした。

Gloria
出だしの-aは幾分長め。
adoramus te 明るく。

Cum sancto spiritu
発音はクー・ムサン・クト。勲三等ではありません。
Cum sancto spirituとAmenの歌い方の切り替えをはっきり。
66小節からのソプラノ、 pからクレシェンド、71小節でボリュームを落としてまたクレシェンド。
112、116小節のベース、最初のAmenはソプラノを引っ張り出すため。しっかりと。
 (下から「ジュリエット~!」バルコニーから「ロミオ様~~」という感じ。)
ベース、Patrisの-sをきちんと発音。

Credo
in unum Deum Credo、ppだがdolceで表情豊かに。深く、機械的にならないように。
47小節 Jesumを丁寧に。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kdchorus.blog108.fc2.com/tb.php/93-95e27a6c
カウンター

since Mar.28, 2002

土曜会から皆様へ
カテゴリー

サイト内記事検索

最新コメント
リンク

メールフォーム

演奏会、入団などのお問合せはこちらからお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スパム対策の為、数字認証を行っています。

QRコード

携帯サイトは↓のコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

過去の記事

12  10  03  01  12  10  09  07  06  03  12  11  08  06  04  11  10  07  06  05  03  02  12  11  10  08  07  06  05  04  02  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01